音楽の生まれる瞬間

新しい音楽が誕生する日は やはり初演の日だろうか? 初演以来、何度も演奏される事によって 作品は成長して行く これは作曲家の手を離れて 作品が自分自身で 演奏家の力を借りながら 成長して行く過程である。 そうすると 作曲…

作曲家の仕事

作曲家の仕事というもの 曲を書き終えた後もまたやっかいだ 頭になっているのを演奏家が そのまま あるいはそれ以上に演奏してくれればいいのだが これは不可能とか できないとか 理解できないとか 演奏家に限らず 演劇や舞踊そ…

音が見える

動きから 身体から 音が見える   8月初め 私の口から ふと出て来た ことば 11月10日 GINZA SIXの能舞台で ≪舞う≫ 修験と巡礼の道   で能楽師の津村禮次郎の舞台に 音楽担当として曲…

対峙

対峙という言葉を調べてみると 山などが、向かい合ってそびえること。「谷を隔てて―する岩峰」 対立する者どうしが、にらみ合ったままじっと動かずにいること。「橋を挟んで両軍が―する」 など出てくる。 どうもこの対峙という言葉…

料理と作曲

料理をするのと 曲を書くのと よく似ていると思う。 素材があって それをどう調理して(組み立てて) 味付けをして完成させるか。 素材をそのまま活かしたり 焼いてみたり 煮てみたり 完成型を見ながら あれこれ思いを巡らす …

指揮者

指揮者になりたかったんだよな 自分では音を出さず 思い通りの音を出してもらう   作曲家もおなじ 理想の音を 自分では表現できない 他人に出してもらう   でも それが叶わないから   自分…

楽器法

2009年から2014年にかけてまとめた「作曲のための楽器法」A4版で印刷しました。すでにこの本を用いて多くの作曲家が作品を完成させています。雅楽について笙の構造運指といった基本的なことから旋律の音の選び方和音の可能性特…

笙~作曲のための楽器法~

2009年頃から書き始めていた 笙~作曲のための楽器法~ 日本語版とドイツ語版 とりあえず完成。 作曲家が笙の作品を書くのに 必要な資料をひととおりまとめました。 すでにこの資料を使って 多くの作曲家が作品を完成させてい…

演奏と作曲と雑用と

できる事ならば 良い音楽を毎日沢山聴いて 時々仕事に出掛け たまには 作曲して 演奏は 誰か他の人にしてもらって そうじゃない もっとこう とか言う 毎日であったならなぁ 今は12月31日が締切だった 2月9日にベルリン…

初恋

といっても我が青春のおもひで では もちろんありません 島崎藤村の「初恋」 中学生の頃に習った詩 これに私、中学生の頃作曲している これが 私の 最初の 「作曲」かもしれない ふと そのメロディが頭の中に 浮かんで来た。…