終わった終わった詐欺

以前、数年勤めた東京を去り 実家へと帰るので 送別会と称して 1ヶ月もの間飲み続けた後輩がいた。 そう 帰る帰る詐欺 何回目の送別会だよ いつ帰るんだ 早く帰れ とか言われながらw (彼は愛されていた) でも 彼は帰って…

ほたる草・鬼女の舞

高原桐の詩による2つの歌曲 《ほたる草》《鬼女の舞》   声の魅力。 クラシック音楽に興味を持ち始めてからすぐ、オペラに魅せられ、そして中学生の頃、祖母の相次ぐ死の時、僧侶の声に魅了されていた。大学生の頃、声明…

レクイエムIV 《アコスタ・ニュ》

地球の裏側に位置するパラグアイ。 そんなパラグアイについて日本人はほとんどイメージできる事はないだろう。知っているのはせいぜい数年前のサッカーのゴールキーパーのチラベルトくらいだろうか? 南米大陸の中央に位置する。日本と…

幸せな日々

私の人生の中でもなんと幸せな充実した数ヶ月であっただろうか? もし明日にでも事故にあって死んだとしても 悔いのない人生であった。   今年の3月にパラグアイを訪れ 笙と弦楽オーケストラの協奏曲を演奏し そのパラ…

Requiem IV „Acosta Ñú“

Requiem IV „Acosta Ñú“  〜バリトン、児童合唱、女性合唱とオーケストラのための〜 Naoyuki MANABE (1971-) Requiem IV “Acosta Ñú“ für Bariton,…

大切なもの

「作曲家の演奏」 と 「演奏家の作曲」   以前リサイタルのプログラムに 「演奏家タイプの作曲家」 と 「作曲家タイプの作曲家」 について書いた事がある。 夏にベルリンでL氏と話しをした。 「私の身体の99パー…

時の経つのの速さ

物事に集中している時は 時の経つのを忘れている。 もはや今日が何日か何曜日か 気に留める余裕もない。 気が付けばすぐに2時間ぐらいが経っている。 朝6時に起きて 夜の23時過ぎまで 遅い時は1時くらいまで。 いくら書いて…

作曲

もし今日の私の姿を 誰かに見られたとしたら 布団の上に横たわり 昼寝をしているだけにしか見えなかったであろう。   しかし、私はずっと曲を作り続けていたのだ。 頭の中には音楽が溢れ しかし音符にしてしまっては …

五線紙を求め

スケッチ用にいつも使っていた24段の五線紙がどうしても売っていない。 最近はみんなパソコンで楽譜書くから五線紙使わないのかな? 私はずっと手書き主義なのでFinaleは持っていても、清書は必ず手書き。 いろんな五線紙のコ…

予感

よくよく考えてみると なんて大変な事をするんだと 怖れおののいてしまうようなことなのだけど 何故か不思議と 成功するイメージしかわかないことがある。 やりたくてやりたく仕方のなかったような仕事があれば そこで失敗するイメ…