アウシュヴィッツと戦争と

「1人の死は悲劇だが 100万人の死は統計上の数字でしかない」 と誰かが言った。(アドルフ・アイヒマンらしい) 戦争での死を数で見れば、何万、何百万人という数字となり 統計としか残らない。 しかしそれを一人一人の死として…

ベルリンでの日常

6月24日 練習 10時半頃からWuWeiのスタジオへ。 眠くてあんまり練習できる感じでなかったけど。 ってかけっこうたくさん寝てる。。。はずなんだけど。 やっぱり移動が長いから疲れてるのかな? 日本からベルリンに来て、…

クラクフ観光

6月23日 11時のチェックアウトギリギリまで部屋にいて。 何故か朝からビール 大通りでタクシー待ってても全然こないから、その辺に停まってたタクシー捕まえてヴァヴェル城へ。(結構ぼられたな) 丘の上にあります。 中には大…

アウシュヴィッツへ

6月22日 アウシュヴィッツへ 唯一の日本人ガイドの中谷さんのツアーを申込みたかったのですが、 その日は満員という事で12時からのドイツ語のガイドツアーを予約しました。(中谷さんのツアーは直接メールして申し込みます) 1…

ベルリンで、そしてすぐクラクフへ。

6月21日 ;到着翌日 ベルリンにて 朝明るくて目が覚めたらまだ4時過ぎだった。 これは寝れないなと思って色々雑用を済ませ もうひと眠り。 合計6時間以上は寝れたので時差ぼけもさほどなく。 部屋で過ごすのにお茶が欲しいな…

ベルリンへ

出発前日 19日の共立女子大での講義は演奏会。 学生はたったの5人だけど。 出発前に演奏。 黄鐘調調子 湯浅譲二《原風景》 R.HP.Platz《senko-hanabi》 真鍋尚之《Invention IV》 川島素晴…

中南米公演

中・南・米 の全ての プログラムが 終わりました。 これだけ 厳しい旅程に加え 大変な曲目はなかったけど とても充実した時間でした。 ビールも飲めなくなるほど 疲れきっていますが。 (いやこれでも飲んでない方なんだ) 中…

サンタ・バーバラ

夜中の1時に着いたのに 翌日は9:15迎えで 10:30からワークショップ カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて。 ファビオさんの軽妙な通訳であっという間の1時間。 ホテルに戻って寝る もう昼ご飯なんていらない 寝てか…

サンタ・バーバラへの長い道のり

もはやもう写真を撮る気力すらない。 5:30の飛行機に乗るのに ホテルを3時出発。 3時間50分かかってペルー・リマに着く。 時差が2時間あるので9:20ではなく7:20 次の飛行機は10:13なので3時間 朝ご飯食べる…

パラグアイの休日

3月2日 この日は1日フリー。 といっても翌日は3時出発なので早めに寝ないと。 そしてフリーでもあまり観光することはない。 そんな訳で朝ご飯はパスして。 ここのホテルお昼付きなのです。 そして朝よりお昼が取っても豪華 こ…