作曲家の仕事

作曲家の仕事というもの 曲を書き終えた後もまたやっかいだ 頭になっているのを演奏家が そのまま あるいはそれ以上に演奏してくれればいいのだが これは不可能とか できないとか 理解できないとか 演奏家に限らず 演劇や舞踊そ…

音を正確に並べれば 音楽になると思っている人がいる そういう人はきっと 音が正確に並んでいなくても 音楽になることを理解できないだろう 1+1の答えが 2以外にあり得ない と思っている人は 1+1=2 に何も疑問を持たず…

調子 五線譜版

だいぶ前からちまちまと作業していた 笙の調子の五線譜 全六調子やっと打ち込み終わりました ただいま校正作業中です

20年

何をもってデビューというか分からないけど 来年がデビュー20周年かな 1998年に芸大を卒業して その年に国立劇場作曲コンクールで1位を受賞 これが私の演奏家としてのスタートかな 作曲家としてはその前からコンクールに入っ…

練習亦練習

練習グループいくつ作ってんだか(笑) 金曜日はまた別のグループを作って練習しました。 朗詠「紅葉」 皇じょうの急 五常楽急 萬歳楽 (管絃吹) 催馬楽「更衣」 舞楽吹 桃李花 右舞 登殿楽 管絃吹 陪臚 笙 平調調子 紅…

いちたすいち

1たす1 1+1 が 1 になるような 仕事には興味がない   1+1が ひゃくとか せんとか になる   それが自分を高められる仕事

練習

練習とは 音楽のもつ 数限りない 表現や解釈の可能性を 試す実験場で 本番は その中から 瞬時にその時の感覚で たったひとつに決めてしまう行為であり 可能性を拡げる最後の機会なので 寂しさを感じる この実験のような研究活…

音が見える

動きから 身体から 音が見える   8月初め 私の口から ふと出て来た ことば 11月10日 GINZA SIXの能舞台で ≪舞う≫ 修験と巡礼の道   で能楽師の津村禮次郎の舞台に 音楽担当として曲…

やりたいこと

6月下旬から7月初めにかけての 雅楽ヨーロッパ公演 アルカラ・デ・ヘナーレス(スペイン) ケルン(ドイツ) エクサンプロヴァンス(フランス) ダブリン(アイルランド) ウォーターフォード(アイルランド) で好評のうちに終…

雅楽ヨーロッパ公演 2017

2011年5月〜2012年5月まで 文化庁文化交流使として 一年間ベルリンに住み ヨーロッパ各地で雅楽を紹介したり 作曲家との共同作業を行ってきました。 帰国後もその活動を継続すべく いや、むしろ その滞在中は 笙ひとり…