Category:

Requiem IV „Acosta Ñu“ 

〜バリトン、児童合唱、女性合唱とオーケストラのための〜

Naoyuki MANABE (1971-) Requiem IV “Acosta Ñú“
für Bariton, Kinderchor, Frauenchor und Orchester (2019)  

 

2019.11.27 Welt Uraufführung World Premie
パラグアイ国立交響楽団
Willian Aguayo(指揮)

1864〜1870年までパラグアイはブラジル・アルゼンチン・ウルグアイの三国同盟と戦争を行った。
この戦争でパラグアイは男性の8割を失い、国土の4分の1も失ったという。
首都アスンシオンが占領された後も戦争は続き、1870年3月1日当時大統領のソラノ・ロペスが殺害されるまで続いた。

Acosta Ñuはアスンシオン近郊の街。
1869年8月16日、数千人の子供達が参戦し犠牲になった「アコスタニュの戦い」が行われる。

 

I, Obertura. Waldnacht Musik 序曲・森の夜の音楽
II, Diana-Tuba mirum 起床ラッパ
III, Militärmarsch 軍隊行進曲
IV, Eid 宣誓
V, Mi héroe, ve con Dios. Mein Held. 我が英雄
VI, 名乗り
VII, Campo de Acosta Ñû. Kriegesmusik 戦地アコスタニュ、戦争の音楽
     -a, Pilots huérfana. verwaiste Kugel. みなしごボール
     -b, He Matador a un soldado. Ich habe einen Soldaten getötet. 私は兵士を殺した
     -c, respet. He dejado caer el arma. Respekt. Ich habe die Waffe fallen lassen. 尊重。私は武器を落とした。
VIII, Ysapy-Kuarahy-Jasy. Drei Götter von Paraguay-Guarrani. ウサプ・クアラフ・ジャス。パラグアイの三神
IX, Los niños de Acosta Ńu nunca morirán. Die Kinder von Acosta Ńu werden niemals sterben. アコスタ・ニュの子供達は決して死ななかった
X, El milagro de la maternidad. Das Wunder der Mutterschaft. 母性の奇跡
XI, Prifican y repoblar. Reinigen und Bevölkern. 浄化と再生