2018/02/04

作曲家の仕事というもの
曲を書き終えた後もまたやっかいだ

頭になっているのを演奏家が
そのまま
あるいはそれ以上に演奏してくれればいいのだが

これは不可能とか
できないとか
理解できないとか

演奏家に限らず
演劇や舞踊その他もろもろ

できなくないことを証明しなければいけない作業が続く

たいていはそんな難しい事ではないのだが

作品に問題があるなら仕方ないし反省するが
たいていはいろいろな手を講じて
おだてつつお願いしながら
何とかこぎつけるのだが

今までどれだけ悔しい思いをしてきただろう。
あまりにも怠惰であると諦めて・・・
自分で指揮したり演奏したり
そんなんばっかり

もうひとに頼んでるより自分でやった方が早いからって

演奏家になってしまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA